マイホームは売るべきか貸すべきか

急な転勤などでマイホームに住み続けることが不可能になった場合、残ったマイホームをどうしますか。このようなときには売却や賃貸の選択肢がありますが、「本当に売るべきなのか」「賃貸は最適な手段なのか」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、大事なマイホームの売却と賃貸についてご紹介します。

売却の場合

せっかく購入したマイホームを売却することに抵抗を感じる方もいらっしゃると思いますが、場合によっては売却したお金で残りのローンを全額支払うことも出来ます。また、不動産に関する維持管理費がなくなるので、金銭的な負担は軽減されるでしょう。築年数が浅いうちであれば買い手も早く見つかるはずなので、スムーズに売却を進めることも出来ます。

注意するポイントとしては、マイホームを売却することで資産を失うということです。人生において大きな損失になる可能性があるということを覚えておきましょう。住宅ローンの残高が多い場合には、不足金を自己資産から補う必要もあります。

賃貸の場合

マイホームを貸家にすると、家賃収入を得ることが可能です。その家賃収入を住宅ローンの返済に充てることも出来ます。また、資産を持ち続けることが出来るということと再び住むことが出来るという点も魅力になります。設備がしっかりしていれば、借り手もすぐに見つかる可能性があります。

賃貸にする場合の注意点は、やはり借り手を見つけることです。賃貸物件として一戸建ての物件は借り手がつきにくくなっており、仮に入居者が現れても長期間住み続けるとは限りません。また、将来マイホームの売却を考えている場合、貸家にしたことによって家が傷んでいるという可能性も考慮しなければいけません。

不動産のことでお困りの方は、めぐるにご相談ください。めぐるでは、那珂川町や春日市エリアの不動産を取り扱っております。不動産活用アドバイスはもちろん、不動産売買や住宅ローンのご相談などにも対応いたします。

無料相談にて承っておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。