住宅ローン返済計画のポイント

住宅ローンは返済期間が長いために事前の資金計画が大変重要となります。住宅ローンの返済計画をしっかり立てておかなければ、せっかくのマイホームも手放すことになるかもしれません。そうならないためにもしっかり計画を行いましょう。こちらで、返済計画のポイントをご紹介しますので参考にしてみてください。

返済期間について

住宅ローンを計画する際にはまず、毎月無理なく返済出来る金額を設定する必要があります。早く完済してしまおうと焦るあまり、無理な返済計画を立ててしまうと日々の生活が苦しくなる可能性もあります。よって、計画の際には毎月の支払いをはっきりさせておき、ライフスタイルに合わせて返済出来る金額を検討することが大切です。

住宅ローンの組み方として25年、30年、35年といった5年単位で返済期間を考える人が多いのですが、1年単位で考えることをおすすめします。返済期間は1年でも短く組むほうが利息を節約することにもつながりますので、金融機関に確認をして1年単位で設定すると良いでしょう。

住宅ローンの返済額を設定する目安

まずは、毎月どのくらいの金額を住宅にかけることが出来るかを考えます。アパートなど賃貸で暮らしていた場合、月々の家賃をもとに返済額を検討することが出来ます。その金額の負担が大きいと感じていたのであれば少なめに、余裕があると感じていたのであれば多めに設定すると良いでしょう。

別ページでも記載しましたが、お子様がいる場合やこれから増える予定のある方は、お子様の教育費にかかる費用についても考えておく必要があります。支出増や貯蓄が必要な場合は、余裕を持った金額に設定することが大切です。

春日市にあるめぐるでは、失敗しない家の買い方について提供しており、住宅ローンに関する無料相談も承っております。年間のべ300件のお客様との面談のなかで培った金融機関との交渉方法や今の金利を減らす方法などをお伝えしておりますので、春日市にて住宅ローンのことでお困りの方やお得に払い終わりたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。