マイホームを手放さなくて済む対策を

やむを得ない事情でせっかく手に入れたマイホームを売却しようとしている方、それは本当に売る必要がありますか?

ここでは大切なマイホームを手放さなくて済むよう、事前対策について考えたいと思います。

早めの対策を

住宅ローンが払えないような状況になってしまった場合、早めの対策が鍵となります。住宅ローンが払えなくなってしまうと、頻繁に催促の連絡がきたり、家計がどんどん圧迫されたりして精神的にまいってしまいます。せっかく家族の幸せのために手に入れたマイホームも手放さなければならないと考えたら、さらに精神的ダメージを受けてしまうでしょう。

そのような不安を抱えて生活していると、ゆくゆくはうつ病になってしまうこともあります。ストレスを抱えると人は体調も悪くなってしまい、ますます思考が悪い方へいってしまいます。そうなると住宅ローンの返済についての対策を立てようにも、体も心もつらく何も出来ない可能性があります。そうなってしまう前に対策を立てましょう。

債務整理・借り換え手続き・任意整理・民事再生などを利用

住宅ローンが払えないからといって、そのまま払わない状態を続けていると、住宅の抵当権は銀行側に移行してしまい、競売にかけられることになってしまいます。そうなる前に、債務整理を行ったり、これまで抱えている他のローンの借り換え手続きなどを行ったりすることで、上手に住宅ローンを支払うことが出来る可能性があります。

もし現在の借金が多く買い替えローンを組むことが不可能な場合には、任意整理・民事再生などを利用してマイホームを手放さずにローンの支払いを続ける方法も可能です。

住宅ローンの金利を減らす

住宅ローンの金利を減らすことで、月々の負担を減らす方法もあります。金利を減らす方法には「繰り上げ返済」「金融機関を変更する借り換え」があります。また、めぐるのブログでもご紹介している裏ワザの「現在の金融機関との交渉」もあります。

大切な不動産に関するお悩みは、めぐるにご相談ください。めぐるは那珂川町や春日市エリアの不動産を取り扱っている不動産業者です。不動産売買に関する質問は無料相談にて承ります。お気軽にご連絡ください。