住宅ローンの組み方について

夢のマイホームを手に入れるために組む「住宅ローン」ですが、楽しい生活を送るために購入した家の返済で生活がきつくなってしまっては困ります。ライフスタイル、ライフプランに合わせた住宅ローンの組み方が必要です。ここでは住宅ローンの組み方について考えたいと思います。

住宅ローンを利用するメリット

マイホームを手に入れるためには多くの資金が必要です。資金不足でもローンを組むことにより、月々の返済となるので何年かかけて少しずつ払うことが出来ます。大きなまとまった資金が用意出来ないという方におすすめの支払い方法です。

賃貸の月々の家賃と変わらないくらいの支払いなら、後々自分の資産にもなるマイホームを持ちたいと思う人が多くいるでしょう。家族のためにマイホームを持ちたいという方も多くいます。そんな方たちをサポートしてくれるのが住宅ローンです。

ライフプランを立てる

住宅ローンを組む際には、将来のライフプランをきちんと立てることが大切です。自分がいつまで働くのか、子供の入学や受験などを考えいつの時期の出費がかさむのか、家族旅行、車の購入の出費など、ローンを組んだ後のライフプランを立てましょう。住宅ローンは長期で組む方が多いかと思います。家族とよく相談し、将来を見越した計画が必要です。

金利タイプを選ぶ

住宅ローンには「固定金利型」「変動金利型」「固定金利選択型」の3種類の金利タイプがあります。

「固定金利型」は、借り入れの際から返済が終わるまでに金利が変わりません。金利に変動があっても影響を受けないので総返済額も最初に分かります。「変動金利型」は、固定金利型よりも金利が低いものが多いですが、金利の変動により返済額が多くなる場合があります。

「固定金利選択型」は変動金利型の一種で、通常3年、5年、10年の一定期間ごとに金利の見直しが行われ、その時の金利が適用された返済額になります。変動金利型には上限が決まっていますが、固定金利選択型には上限が無いため、大幅に返済額が増えてしまう可能性もあります。

詳しい住宅ローンの組み方については、春日市にありますめぐるにご相談ください。マイホーム購入に関わる疑問にお答えする無料相談を行っております。春日市でマイホームを検討されている方、住宅ローンを組む方法で悩まれている方は、お気軽にめぐるまでご連絡ください。